ブログのアクセス数が増えない決定的な3つの理由は?

マンガブログ集客コンサルタントの小林翔です。

今日のテーマは「ブログのアクセス数が増えない決定的な3つの理由は?」です。ではさっそく見ていきましょう。

SiGN_2016-07-17-1838
アメブロ集客で誰もが陥りがちな13個の過ちを無料メルマガでお届けしています。

ブログのアクセス数を増やすうえで大切なポイント

ブログを使って集客や物を販売される方々にとって多くの悩みの種になることはやはりこの「アクセス数」という言葉になるでしょうか。
私も最近多くの集客相談を受ける中で多いご質問がこの「アクセス数を増やすためにはどうしたらいいのでしょうか」になります。

確かにブログのアクセス数を増やすということは集客や物販において大切なことになってはくるのですが確実にそれよりも大切なことは「どのようなアクセスを集めるのか」ということになってきます。この部分が前提として間違っているといくらアクセスを集めても全く意味がなくなってしまいますので、まずこの点についてこちらの記事で詳細についてご紹介をさせて頂いておりますのでご覧いただけたらと思います。
ブログのアクセス数を増やす方法は?(ワードプレス&アメブロ)

そしてどのようなアクセスを集めるべきなのかということが何よりも大切な点になりますのでその点を抑えながら以下の内容をご覧いただけたらと思います。

ブログのアクセス数が増えない理由については多くき分けて3つの理由があり、それそれぞれを解決することで効果的な集客を可能としますのでまずはその点から迫っていきましょう。

理由1:検索キーワードを意識していない

まずあなたはブログを書くうえでキーワードを意識してタイトルを作られていますでしょうか。
ブログのアクセス数を増やすということは要は、検索エンジンであるキーワードを検索されたときにあなたの記事が上位に表示されその記事をクリックされることでアクセス数(PV数)はカウントされます。

ですので、まずは検索需要のあるキーワードであり、あなたのお客さんが持っている「悩み」や「不安」のキーワードをタイトルにする必要性があるということですね。

このように検索キーワードを意識していない記事タイトルをいくら書いたとしても検索エンジンからアクセスをされることはなく、「良いアクセス」を集めることはできません。

ですのでまずこの点を意識されずにタイトルを創られていた方は、あなたのお客さんになる可能性のある方々がどのようなキーワードで検索をしているのかということを知らないといけません。

例えば、あなたがエステサロンを経営しているのであれば、お客さんのお悩みは「足のむくみ」や「顔が大きい」何かのキーワードが考えられますね。

そして実際にそのキーワードが検索エンジン上でどれくらいのアクセスがあるのかを知り、そのうえでそのキーワードを上位に表示することが出来そうなのかということを判断する必要性があります。

その方法につきましてはコチラの記事でご紹介させていただいておりますのでご覧いただけたらと思います。
ブログのアクセス数を増やす方法は?(ワードプレス&アメブロ)

集客ブログが初心者の方にとってこのタイトルのキーワードを選ぶということはとても難しい判断になってくるかと思いますが、何度もやっているとより効率よくあなたに合ったキーワードを選ぶことができるようになってきますので、まずはYahoo!知恵袋を使った顧客ニーズ分析から、お客様の「悩み」や「不安」を拾い、そのキーワードの検索需要をチェックしたり、他の関連するキーワードを探したうえで検索需要をチェックして競合性を調べることからキーワードを作ったり、虫眼鏡を使ったキーワード選定などもおすすめですね。

上記のリンクのブログ記事ではご紹介をしなかったかと思いますが、「goodkeyword」というサイトでは例えば、「集客」というキーワードで「Googleサジェストチェック」を行うと「集客」に続く、2語目3語目の組み合わせの過去に検索されたことのあるキーワードが表示されますので、その中からご自身のビジネスのお客様になりそうな方ら検索するであろうキーワードを探し検索需要や競合性をチェックするという方法もありますので是非利用してみてくださいね。

理由2:1記事あたりの文字ボリュームが少ない

次に、1記事あたりの文字ボリュームが少ないために上位に表示がされないというケースもおおいですね。
検索エンジンで上位表示をさせアクセス数を増やす上でこの記事ボリュームというものはとても大切になります。いうなれば、1つ目のアクセス数が増えない理由でご紹介をさえて頂いたキーワード選びをしっかりするということはまずは集客の土俵に立つということであり、この文字ボリュームを増やすということは勝負に勝つための努力をするといった感じでしょうか。

いくら土俵に立てても努力もしないで勝負をしてしまうとなかなか勝てないのと同じように、文字ボリュームがあればあるほど上位に表示される可能性は高くなります。

もちろんキーワードによっては1000文字程度でも上位に表示ができてしまうこともありますし、一概に何文字書いたから確実に10位以内に入ることができますということはありません。しかし、私の肌感覚としては3000文字を一つの基準として記事を書いていき、記事を上げてから数日たってから検索順位を調べて15位とかの順位であるなら少し文字ボリュームを後から増やしてあげるといった形で最初はいいかと思います。もちろんかける方は5000文字でも10000文字でも書いていただけると早く上位表示ができる可能性はありますので、かける方はどんどん書いていただけるといいかと思います。

ここでポイントとなることはいくら記事ボリュームを増やしたいからといってもほかの記事からコピペをしたりすることはむしろペナルティを食らってしまいせっかく記事を書いても圏外に飛ばされてしまうことになってしまいますので絶対にこのコピペはしないようにしてくださいね。

そして、そんな記事をどんどん増やしていく中でも検索上位を取るためには全く関係のない記事をいろいろ書くのではなく、仮に「小顔になるため」の記事を1記事かいたとしたら次に書く記事も「小顔になるため」系の記事を数記事まとめて書いてまた違うキーワードジャンルで数記事まとめて書いて次のジャンルに移るといったような方法でやることで早い段階でそれぞれの記事が上位表示できるようになっていきやすいのでそのあたりを意識して記事を書いていただけたらと思います。

理由3:ブログ全体で見たときの記事数が少ない

そしてアクセス数が増えない3つ目の理由としては、記事数が少ないということです。
これまでの2つの理由もとても大切な要素なのですが、仮に上記の2つのことを意識して記事を書いたとしてもブログを立ち上げて2,3記事目ですとすぐには上位に記事は上がりにくいという性質があります。

逆に記事が30記事、60記事、100記事と増えていくことで、初期に書いた記事は特別記事の文字ボリューム何かを増やさなくても勝手に検索順位がある一定の部分までは上がっていきます。

これは、例えばダイエットというテーマのブログを立ち上げたとして、書いていく記事は「運動」「食事」「筋トレ」「サプリ」「心理」何かのジャンルがパッと浮かびますよね。
そんなジャンルの記事をどんどん増やしいていくことで、このブログサイトはダイエットに関連した記事を多く上げているサイトとして信頼感が高まってだんだんと全体の順位が上がっていくという傾向があるのですね。

その基準というものが私の肌感覚としては30記事、60記事、100記事の段階で急に上がるタイミングがあるように感じますので、その段階をまず目指して記事を書いていただけるといいかと思いますね。

まとめ

さて本日はブログのアクセス数が増えない3つの理由についてご紹介をさせて頂きました。
いかがだったでしょうか。ブログのアクセス数を増えない理由には上記のような理由があるということですね。

上記の物はアクセス数を増やすうえでは必ず必要になってくる要素になってきますので一つでもできていないものがありましたらまずは挑戦していただければと思います。

冒頭でもお話をさせて頂いた通り、アクセス数というものはただ単に増やせばいいということではなく、一番最初に3C分析をしっかりとしてから記事のキーワードを創っていただければと思います。

今なら集客や継続収入を生むためのご相談にも私が一人一人信頼関係を大切しても対応させて頂く無料の集客相談キャンペーンも実施しておりますのでお気軽にご相談ください。
小林翔無料集客相談

というわけで今日は「ブログのアクセス数が増えない決定的な3つの理由は?」というテーマでお届けしました。
本日も最後までごお読みいただき誠にありがとうございます。

SiGN_2016-07-17-1838
アメブロ集客で誰もが陥りがちな13個の過ちを無料メルマガでお届けしています。

与える!届ける!の気持ちが強ければ強いほどビジネスでも成功する確率は上がりますよ!

アメブロ集客で陥りがちな13の過ちとは?



エステ・ネイルサロン、結婚相談所、士業・コンサル・カウンセラー・アドバイザー、自宅教室をはじめ集客したいアメブロガー必見!あなたが陥りがちなアメブロ集客における13個の過ちとは?13日間の無料メールマガジンでお伝えします。

*メールマガジンは完全無料ですが、初回アクセスから24時間以内にご登録いただかないと閲覧できなくなりますのでご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です